メンタル

不安な時は新しいことを始めてはいけない?チャレンジはタイミングが重要

「新しいことにチャレンジしたいけど不安」という悩みはありませんか?

実は、不安が大きい時は、新しいことを始めないほうがいいです。

新しいことを始める時に不安はつきものですが、その不安がどこから来ているものなのかを理解しなければいけません。

この記事では、「不安な時は新しいことを始めてはいけない理由」についてお話しします。

「チャレンジに最適なタイミング」についても説明しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

不安な時は新しいことを始めてはいけない理由

新しいことを始める時、いろんな不安があると思います。

・お金がなくなったらどうしよう?

・失敗したらどうしよう?

・ケガをしたらどうしよう?

このように、何かにチャレンジするというのはリスクが伴うので、心配になってしまうのは当然ですよね。

上記のような不安がある場合は、新しいことを始めないほうが無難です。

「何かを始めるなら早いほうがいい」とか「考えるヒマがあったらチャレンジしたほうがいい」という声もよく聞きますが、たしかに言っていることはごもっともだと思います。

しかし、周りに急かされて何かを始めてしまうのは、非常に危険なのでおすすめしません。

まずは、不安な時は新しいことを始めてはいけない理由を説明しますね!

冷静な判断ができないから

周りに急かされて「ヤバい、何か始めなきゃ!」と思うのは、普段から自分と向き合っている証拠です。

そもそも何も考えていなければ、「今のままじゃヤバい」とすら感じないですからね。

なので、周囲の状況を見て「新しいことにチャレンジしよう」と決断することは素晴らしいことです。

しかし、周りに流されて準備もろくにしないまま始めてしまうのは、リスクが高いのでやめましょう。

不安が強い時は、冷静な判断ができなくなります。

新しいことを始めるというのは、今まで経験したことがないことをするので、当然痛みが伴いますよね?

そんな状態では、今以上に不安が強くなり、自分を責めてしまうこともあるでしょう。

不安が強くなると悩みも大きくなり、「何でこんなこともできないんだ」と自己嫌悪に陥って不安が強まるという悪循環になります。

不安の原因を理解しないと不安は消えないから

新しいことには痛みが伴うといいましたが、不安の原因がどこから来ているかを理解することが大切です。

不安というのは、未来のことを考えると膨らんでいくので、自分の現在地を把握することから始めましょう。

毎月の収支はプラスになっているのか、どの程度お金に余裕があるのか、健康状態はどうなのか、人間関係はどうなのか、など。

もし現状で何か問題がある場合は、新しいことにチャレンジしても不安は解消されない可能性があります。

まずは、今抱えている悩みと向き合うことから始めましょう。

失敗のリスクが大きいと失うものも大きいから

チャレンジには失敗はつきものですが、失敗にも大小があります。

擦り傷ならたいして生活に影響はないかもしれませんが、骨折してしまったらご飯を食べるだけでも大変ですよね?

例えていうなら、バンジージャンプをする時に専門の人がエスコートしてくれればリスクは減りますが、自分で橋の上に行ってホームセンターで買ったゴムを使って飛び込んだらどうなるかは想像がつくはずです。

何かにチャレンジする時も同じような過ちをしてしまうことって、結構多いのではないでしょうか?

何かを始める時は、失敗をある程度イメージしておくこと。

小さな失敗であればすぐに修正できても、大きなミスは命取りになるので絶対に避けなければいけません。

もし失敗してしまったらどうなるかをあらかじめ考えておけば、何を準備しておいたほうがいいかが予測できます。

新しいことを始めてはいけないタイミング

バンジージャンプの例だと、ちゃんとした場所で専門の係員がついていてくれればリスクは最小限に抑えられますが、最初に飛ぶ時はそれなりの覚悟が必要です。

ただ、リスクを怖がってチャレンジしないと、いつまで経っても前に進めません。

失敗を恐れずにチャレンジすることは大切ですが、チャレンジしてはいけないタイミングもあるんですよ。

そのチャレンジしてはいけないタイミングは3つありますので、解説していきますね。

①痛みがあるとき

体のどこかをケガしている時や体調が悪い時は、新しいことにチャレンジするタイミングではありません。

例えば、トレーニングをしている時に、虫歯で歯が痛かったらどうでしょうか?

思うように力が入らないと思います。

そんな状態でトレーニングを続けていても、あまり意味がないですよね?

体のどこかが痛い時は、痛みに意識が向いている状態なので、目の前のやるべきことに集中できません。

これは体だけではなく、心も同じです。

強いストレスを抱えた状態で新しいことにチャレンジしても、今以上に不安が強まるだけで冷静な判断ができません。

なので、体に痛みがある時、大きなストレスを抱えている時は、まずは痛みのない状態にすることに専念しましょう!

②お金の心配があるとき

新しいことを始めるには、ある程度の資金が必要な場合が多いと思います。

お金をかけずに始められることもあると思いますが、大きな変化を出したいと思ったら、それなりの金額が必要になりますよね。

お金を使うというのは痛みを伴うので、生活に余裕がない時は一度冷静になりましょう。

「本当にこのタイミングで始めるべきか?」と考えることで、毎月お金の不安を抱えながらチャレンジするということがなくなります。

お金の不安が強くなると、「早く結果を出さないと!」という焦りが出てしまうため、正しい判断ができなくなります。

せっかくいいところまで来ているのに、お金のせいで冷静な判断ができなかったらもったいないですよね。

特に注意しなければいけないのは、「これをやれば数カ月後には稼げますよ!」などの甘い誘惑。

たしかに結果は出るかもしれませんが、先程も言ったように「冷静な判断ができない状態」では、素晴らしい知識やノウハウも活用できません。

なので、お金に不安がある時は、まず毎月の収入と支出を把握すること。

収入は給与明細や銀行口座の残高で確認すると思いますが、支出は「何となくいくら使った」くらいにしか見ていないことが多いのではないでしょうか?

何にいくら払っているのかを確認することは、ものすごく重要。

意外と必要のないものにお金を使っていることが多いはずです。

まずは、毎月の支出を洗い出して、必要のないサービスは解約するなど、それだけでも月々のお金に余裕が出ますよ!

③不安が強いとき

お金のこともそうですが、先行きの見えない不安が強い時もチャレンジしないほうが無難です。

例えば、景気が良くない時に新しいことにチャレンジするというのは、大きなリスクが伴います。

なぜなら、自分自身がどんなに努力したとしても、周囲の環境は変えられないから。

周囲が大変な状況の中で必死に頑張っても、ベルトコンベアーを逆走している状態になるため、自分が苦しいだけです。

そんな中でも「何かをやろう!」と動き出す人もいますが、相当な覚悟が必要だと思ってください。

新しいことにチャレンジする時、不安が大きい時は「何に対して不安なのか?」を明確にすることが大切です。

例えば、「フリーランスになったら食べていけないかもしれない」という不安があるとしましょう。

この不安に関していうと、「食べていけないかもしれない」というのは自分ではコントロールできない不安です。

どれくらいの顧客が見込めるかも分かりませんし、景気が悪くなれば収入が途絶える可能性がってあります。

しかし、会社員のまま副業をするのであれば、「食べていけないかもしれない」という不安は減りますよね?

そうすれば、スキルアップしていく、経験を積んでいくという「今やるべきこと」に集中できるようになります。

チャレンジにはタイミングが重要

先程も言いましたが、自分自身がどんなに努力したとしても、周囲の環境は変えられません。

それは努力が足りないわけでも、努力の方法が間違っているわけでもなく、仕方のないことです。

なので、できるだけリスクのない状態でチャレンジすることが大切なんですね。

例えば、全財産が一万円しかない状態で、全額を万馬券につぎ込んだらどうでしょうか?

一攫千金を狙えるチャンスはありますが、無一文になるリスクのほうが高いでしょう。

それに、仮に100万円を手に入れたとしても、そのお金を有意義に使えるでしょうか?

おそらく浪費して、元の全財産一万円の状態に戻ってしまうでしょう。

それよりも、何か自分のできることで一日二千円を稼ぎ、千円を一年貯金し続けたらどうでしょうか?

1,000円×365日で、年間で365,000円も貯めることができます。

30万円があったら、結構いろんなことができますよね!

このようにチャレンジするリスクが大きい時は、力を蓄えておくことに専念しましょう。

新しい仕事にチャレンジするとしたら、いきなり会社員を辞めてしまうのではなく、働きながら勉強する。

副業や週末のボランティアでやってみる。

こうしてお金や信頼を蓄えておいて、「周囲から求められているタイミングで大きな一歩を踏み出す」というのが得策です。

まとめ

ここまで、「不安な時は新しいことを始めてはいけない理由」「チャレンジに最適なタイミング」についてお話ししました。

最後にもう一度、内容をまとめますね!

★不安な時は新しいことを始めてはいけない理由

・冷静な判断ができないから

・不安の原因を理解しないと不安は消えないから

・失敗のリスクが大きいと失うものも大きいから

 

★新しいことを始めてはいけないタイミング

①痛みがあるとき

②お金の心配があるとき

③不安が強いとき

 

★チャレンジにはタイミングが重要

→チャレンジするリスクが大きい時は、力を蓄えておくことに専念する

何か新しいことにチャレンジすることは素晴らしいことですが、タイミングを間違ってしまうと、せっかくのチャレンジも水の泡になります。

なので、自分の現状を知ること、不安がどこから来ているかを理解することから始めましょう!

そうは言っても、「どのタイミングでチャレンジすればいいのか分からない」という疑問が浮かぶことも多いはずです。

そんな時は、一人で悩まずに誰かに相談してみるというのもおすすめですよ!

近くに相談できる人がいるのであれば、積極的に相談してみましょう。

もし「近くに相談できる人がいない」というのであれば、この記事を読んだ感想、気づき、質問を遠慮なくメールしてくださいね!

お問い合わせフォーム

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

フォローする
こちらの記事もおすすめ!