メンタル

ネガティブ思考を克服するには?大事なのは気持ちの切り替えができること

ネガティブ思考を克服したいと思っていても、どうすればいいかわからないことって多くないですか?

ポジティブになろうと考えれば考えるほど、心も体も疲れ果てて逆戻り。

ネガティブ思考というのは癖なので、気持ちの切り替えが上手にできるようになれば克服できます。

今回は「ネガティブ思考を克服する方法」について紹介していきますので、参考にしてみてください。

ネガティブ思考をなくすことはできない?

冒頭で「ネガティブ思考は癖」だとお話ししました。

なぜそう思うかというと、私も幼少から20代前半までは超ネガティブ思考だったからです。

子供の頃は病弱で肥満体型。

学校を休みがちで運動もできなかったので、いじめられていた時期もありました。

何をやってもうまくできず、いつも言い訳ばかりで親、先生、上司から怒られる始末。

自信のかけらもなく、言われたことを最低限やるような毎日を過ごしていました。

そんな中、仕事のプレッシャーと激務がたたり、20代前半でうつになってしまったんです。

その後カウンセリングに通い、先生から「あること」を教えてもらいました。

1年間カウンセリングに通い続けてみると、状態も安定して少しずつポジティブな考え方ができるように変わっていったんです。

正直、自分でも驚きました。

先生から言われた「あること」というのは、

「ネガティブ思考をなくすことはできない」ということだったんです。

大事なのは気持ちの切り替えを早くすること

ネガティブな感情が湧いてこないように、常に明るく振る舞う。

こんな風に考えて無理している人、いませんか?

生活していて嫌なことがまったくない、なんていうことはまずない。

人生の中で大なり小なり、必ず気持ちが落ちてしまうことってあると思います。

私自身もだいぶ前向きになれてきたと実感していますが、ストレスは当たり前に感じるし、嫌なことだってたくさんあります。

イライラもするし、悲しくもなるし、寂しいときもある。

湧き上がってくる感情や目の前の事実に対して

「今、こういうことが起こっているんだね。じゃあ、どうしようか?」

気持ちを切り替えていくことが重要になってきます。

気持ちの切り替えが上手になるには?

ネガティブ思考をポジティブ思考に切り替えるには、ある程度の練習が必要。

慣れてくれば瞬時に切り替えられるようになりますが、その前に知っておいたほうがいい大事なことがあります。

カウンセリングを受けていたときに、もう一つ教わったこと。

それは、

「自分の感情を目に見える形にする」こと。

具体的な方法として、「日記を書く」のが一番わかりやすいと思います。

ネガティブ思考で悩んでいる人は、

・あ~、腹が立つ!何なのこれ!

・あいつのせいで台無しだよ!

・なんで私ばっかり!

という感情だけが表に出てしまい、事実をおろそかにしてしまいがちなのではないでしょうか?

まずは起こった出来事に対して、

・どう感じたのか?(怒り、恐れ、不安、悲しみなど)

・どうしてそう感じたのか?

これらを紙に書いていくことで冷静になれます。

そのうえで、

・自分はどうしたいのか?

・どうしたらうまくいくのか?

を考えていくことで、少しずつポジティブ思考へと切り替えられるようになっていきます。

なかなかすぐにはできないかもしれませんが、「どう感じたのか?」「どうしてそう感じたのか?」という自分の気持ちと向き合うことで、マイナスからゼロの状態へと持っていく。

まずは、自分の気持ちに正直になることで、フラットな状態へと近づけていきましょう。

まとめ

今回は「ネガティブ思考を克服する方法」について紹介しました。

まとめると、

★ネガティブ思考をなくすことはできない

→嫌なことを考えないのではなく、気持ちの切り替えが早くなるように練習する

★自分の感情を目に見える形にする

→日記に自分が感じた感情を書き出す

・どう感じたのか?(怒り、恐れ、不安、悲しみなど)

・どうしてそう感じたのか?

→まずはマイナスからゼロの状態に戻すこと

卓球で例えると、

「ボールが取れなかった、最悪だ!」と考えて終わるのではなく、

「今みたいなボールが来たら、どう反応すれば取れるかな?」と考えること。

卓球も人付き合いも、反射神経が大切です。

起こった出来事に対して、一つずつ反応できるように練習していく。

練習は丁寧に、反応は素早くが大事ですね!

 

「大草原の小さなヤギー」も、当記事で100記事目となりました!

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございます!

「こんなテーマを書いて欲しい」などリクエストがありましたら、

お問合せフォーム or TwitterのDMから遠慮なくメッセージくださいね。

フォローする
こちらの記事もおすすめ!