メンタル

なぜトイレ掃除をすると幸せになるのか?トイレ掃除で運が良くなる理由

「トイレ掃除を習慣にすると運が良くなる」という話を聞いたことがありませんか?

「本当かよ!?」と思うかもしれませんが、偉大な経営者や大御所と呼ばれる芸能人も、トイレ掃除を大切にしている方が多いんですよね。

この記事では、「なぜトイレ掃除をすると幸せになるのか?」を考えていきたいと思います。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

なぜトイレ掃除をすると幸せになるのか?

私はトイレ掃除が大好きです。

ただ、最初からトイレ掃除が好きだったわけではありません。

実家にいた時は、一度もトイレ掃除をしたことがありませんでした。

しかも、学校の掃除でトイレ当番になった時は、「どうやってサボろうか…」ばかり考えていたんです。

その後、自衛隊に入ってからは強制的にトイレ掃除をやることになり、素手で便器を磨き続けて、髪の毛一本でも残っていればやり直しという日々が続きました。

当時は「もう勘弁してくれ~」という気分でしたが、気づいたときにはトイレ掃除が大好きになっていたんですよ。

不思議ですよね~。

今ではトイレが汚れていると、何だかソワソワしてしまいます。

でも、「トイレ掃除をすることで幸せと何の関係があるのか?」が分からないと思うので、今回は私なりに考えてみました。

トイレ掃除は見たくないものと向き合う行為

トイレ掃除が嫌われる理由は、「見たくないものと向き合う行為だから」だと思います。

だから、「できるだけ関わりたくない」とか「楽してキレイにしておけたらいいよね~」となるんですよね。

自衛隊を辞めて接客業をやっていたときにも、上司から「トイレと鏡が汚れている店は売れない!」と口酸っぱく言われました。

「鏡はともかく、トイレなんてどうせ汚れるんだから、そこまでピカピカにしなくてもいいんじゃない?」と思いますよね?

しかし、誰もが「汚れているものを直視したくない」と思うのと一緒で、どんなに外観がキレイでなお店でも、トイレが汚いと「ちょっと嫌だな…」と感じませんか?

何だか上司の前では猫をかぶっているのに、同期の前だと性格が悪くなる同僚のような…。

言葉ではうまく言い表せませんが、トイレが汚いと「その人(店)の本心」が臭ってくるんですよね。

見えないところには本心が表れる

トイレはどんなにキレイにしても、使い方次第ですぐ汚れてしまいますよね。

しかし、接客業をやっていたときは鏡だけでなく、トイレも時間を見つけては念入りに磨いていました。

言われたから何となくやっていたわけではなく、ビートたけしさんの本を読んだ時の印象が残っているからなんですよ。

タイトルは忘れてしまいましたが、たしか「ビートたけしさんの行きつけの居酒屋さんでのお話」でした。

たけしさんがトイレからなかなか帰ってこないので、店主が心配になって見に行ってみると…。

たけしさんが素手でトイレの便器をひたすら磨いていたらしいんですよ!

この話を聞いて、驚きを通り越して衝撃を受けたんですよね。

だって、テレビでは人をいじったり辛口な発言をしたりしているたけしさんが、プライベートでひたすらトイレ掃除をしているんですから。

たけしさんのエピソードを聞いて、「こういう人になりたいなぁ…」と思ったのを覚えています。

トイレ掃除をすると流れが良くなる

トイレが詰まると、水が逆流してきますよね。

汚れがこびりついていると、「うわっ、汚いな…」と感じてしまうはずです。

この「なんか嫌だな…」という思考が浮かんでしまうと、動きが一瞬止まってしまいませんか?

そうなると、動きだけではなく思考も止まってしまい、冷静な判断ができなくなります。

トイレだけではなく日常生活でも同じで、「うわっ、汚いな…」というものと「どう付き合っていくか?」が、ものすごく重要ではないかと思います。

私がそうだったのですが、最初は嫌で仕方なかったトイレ掃除が、続けていくうちに慣れていったんですよね。

慣れてくると、「汚れているものと、どう付き合っていけばいいのか?」が分かってくるため、過剰に反応しなくなっていくんですよ。

なので、「トイレが汚れている」という事実と、「トイレが汚いと感じる」という反応を分けて考えられるようになっていきます。

これは日常生活でも同じで、トイレ掃除を習慣化していくことで、自分にとってネガティブな情報に対して冷静に判断できるようになる。

つまり、起こっている事実と自分の反応を分けることができれば、「上手く流れに乗れるようになるから運が良くなる」のではないでしょうか?

トイレ掃除で運が良くなる理由

謎かけのように聞こえますが、トイレも人生も「上手く流すこと」が重要だと、私は考えています。

例えば、トイレを流さずにそのままにしていたら大変なことになりますよね?

日常生活でもストレスを溜め続けていると、いつか溢れてしまいます。

なので、定期的にリフレッシュしてストレスを流してあげる必要があるんですよ。

でも、汚れが溜まった状態で一気に流そうとするとうまく流れないので、トイレも自分自身もこまめに掃除しておくことが大事なんです。

運が良い=チャンスをつかむ力

「運が良い」を一言で表すなら、「チャンスをつかむ力のこと」だと思います。

よく、「チャンスの神様は前髪しかない」と言われるように、チャンスはタイミングを見てつかむことが重要なんですよね。

「チャンスなんてそうそうない」と思うかもしれませんが、意外とチャンスって目の前にあるんですよ。

ただ見えていなかったり、もう過ぎ去っていたりしているだけで、見えるようになると目の前にチャンスが広がっていきます。

「じゃあ、どうすればチャンスが見えるようになるの?」というと、答えはシンプルです。

それは、気持ちに余裕を持つこと。

頭の中が悩みや不安でいっぱいの状態だと、目の前のチャンスが見えません。

なので、トイレ掃除を習慣化することで、目の前の汚れをキレイにして流れを良くすることができます。

目の前の汚れというのは、悩みや不満、怒りなどの感情と言い換えることもできますよね。

実際のところ、トイレ掃除が悩みや不安解消につながるかは分かりません。

ただ、マインドフルネスで考えると、「今、目の前のことに集中する」ことで気持ちが落ち着いてきます。

気持ちが落ち着いて余裕が生まれれば、目の前のチャンスにも気づきやすくなり、流れが良くなるのではないでしょうか?

まとめ

ここまで、「なぜトイレ掃除をすると幸せになるのか?」などをお話ししてきました。

最後にもう一度、内容をまとめますね!

★なぜトイレ掃除をすると幸せになるのか?

・トイレ掃除は見たくないものと向き合う行為だから

・見えないところには本心が表れるから

・トイレ掃除をすると流れが良くなるから

 

★トイレ掃除で運が良くなる理由

・運が良い=チャンスをつかむ力だから

幸せはどこからかやってくるものではなく、自分で感じるもの。

なので、自分が選んだことに納得できれば、今すぐ幸せになれます。

特に、トイレ掃除は「目の前の汚れをキレイにすることで問題が解決していく」ことがはっきり分かる作業なので、不安が大きいときにもおすすめなんですよね~。

最初は気分が乗らないかもしれませんが、手袋や取っ手の長いブラシを使うなど工夫しながら、週に1回でもいいのでやってみてくださいね!

トイレ掃除を続けてみた感想、変化など、聞かせてもらえたら嬉しいです!

お問い合わせフォーム

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

フォローする
こちらの記事もおすすめ!