コミュニケーション

信頼されるリーダーの共通点とは?できるリーダーが大切にしていること

「自分はリーダーとして、どう思われているんだろう」という悩みはありませんか?

実は、信頼されるリーダーには、ある共通点があります。

人を惹きつけるカリスマ性や行動力も大事ですが、できるリーダーが大切にしていることとは何でしょうか。

この記事では、「信頼されるリーダーの共通点」についてお話しします。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

できるリーダーが大切にしていること

理想のリーダー像とは、どのようなものでしょうか?

自ら道を切り開く人、判断力がある人、一貫性がある人、アドバイスが的確な人、コミュニケーション能力が高い人など、いろいろと浮かぶと思います。

どれも「できるリーダー」として必要な条件なのは間違いありません。

ただ、私が理想のリーダー像を一つ挙げるなら、「部下を信頼する人」だと考えています。

なぜなら、どんなに優秀な人だとしても、自分の立場を守るために部下を利用したり、部下の成果を自分の手柄にしようとしたりするリーダーには失望してしまうから。

やはり周囲の話を聞いても、「自分の力でここまでのし上がった」と言うのではなく、「周りに押し上げてもらったからここまで来れた」という謙虚な人が人望を集めていると感じます。

「できるリーダー」は、周囲の力の重要性を分かった上で、自らリスクを取る、素早く判断する、積極的にコミュニケーションを取るなどの行動を大切にしているんですね。

信頼されないリーダーが無意識にやってしまうこと

一方で、信頼されないリーダーは、自分の言動が周囲にどのような影響を与えるのかを理解していません。

感情的に命令する、言っていることがコロコロ変わる、部下を頼らず一人でやろうとするなど。

そんなリーダーの姿を見て、部下たちは何を思い、どんな気持ちで毎日を過ごしているかを理解しようとしません。

そもそも、自分のことで精一杯なので、「自分の言動の何に問題があるのか?」自体に気づきにくいんですね。

では、「信頼されないリーダーが無意識にやってしまいがちなこと」とは何なのでしょうか?

自分のペースでやらせようとする

これは結構ありがちなのですが、「自分のペースでやらせようとする」ことで信頼を失ってしまうパターンです。

中にはリーダーに対して強い忠誠心を持ってついていく人も一定数いるので、「できないやつは悪だ!」という雰囲気になりがち。

例えるなら、ブラック企業で働く「モーレツ社員」と「辞めようか悩んでいる社員」との二極化とでも言えるでしょうか。

リーダーが自分の目標を叶えるために、「やりたくない人をふるいにかける」という意味では有効かもしれません。

しかし、リーダーを支持している人たちが「納得してついてこれているか?」という部分では、疑問が残ってしまいますよね。

今は忠誠を誓っている人たちも、やがて目が覚めて去っていくのは時間の問題ではないでしょうか。

お願いするだけで見返りを提示してくれない

部下にお願いするスキルが高い人は、部下にも喜ばれますよね。

「リーダーから頼りにされている」ということが部下の自尊心を高めて、自分の役割を実感できるからです。

しかし、注意しなければいけないのは、お願いの仕方。

例えば、会社が繁忙期になり、全体朝礼でリーダーが以下のように発言したとしましょう。

「これからしばらくの間、残業と休日出勤を増やし、生産数量を10倍に上げる。全員の協力が必要だ!社内一丸となって頑張ろう!」

さて、これを聞いた瞬間、このように思いませんか?

「しばらくの間っていつまで?残業とか勘弁してほしいんだけど」

「今の人数で10倍も忙しくなるなんて、誰か倒れちゃうんじゃないの?」

「繁忙期が終わったら、ボーナス上がるのかな?」

このように、不安や不満だけが膨らんでいき、目の前のやるべきことに集中できない人が続出してしまいます。

一方で、リーダーが以下のように発言したらどうでしょうか?

「これから3ヶ月間、週に5時間の残業と月に2日の休日出勤を増やし、生産数量を10倍に上げる。生産アップに対応するため、他の工場から50人の応援を要請している。全員が一致団結して、現場の生産性を高めて欲しい!残業や休日出勤を減らして生産数量をクリアできたチームには、繁忙期終了後に100万円の現金支給をする。」

かなり具体的になりましたね!

現金で釣るのは賛否両論あると思いますが、従業員の不安をできるだけ取り除くために、具体的な期間や数字を提示するというのは有効です。

正論ばかりでビジョンが不透明

時間厳守は大事、仕事を後回しにしない、責任を持ってやり遂げるなど。

このような正論は大切ですが、人は正論だけでは行動しません。

なぜなら、人が行動するためには感情が不可欠だからです。

例えば、「自社のサービスを通じて社会に貢献する」という企業理念を掲げている会社があるとしましょう。

しかし、実際には今月の売上ノルマを達成するために、リーダーから無理な営業を強要されていたらどうでしょうか?

商品やサービスというのは、必要な人に必要なタイミングで提供するもの。

会社が売りたいタイミングで、必要のない人に商品やサービスを押し付けてしまうのは、ちょっと違うと思います。

本当に「社会に貢献する」という企業理念を掲げているのであれば、きれい事だけではなく行動が伴っていなければダメなんですね。

言葉の本当の意味を理解し、言葉と行動を一致させられるリーダーが、部下の感情を動かすのではないでしょうか。

信頼されるリーダーの共通点

ここまで、「信頼されないリーダーが無意識にやってしまうこと」についてお話ししました。

部下に信頼されるためには、成功しているリーダーの言葉や行動だけ真似してもダメなんです。

まずは、自分の言動が周囲にどのような影響を与えるのかを理解することが大事なんですね。

つまり、ここまでお話ししてきた「信頼されないリーダーが無意識にやってしまうこと」の逆をやればいいわけです。

詳しくお話しますね!

相手のペースを見極める

リーダーが周囲を自分のペースに巻き込んでしまう問題点は何だと思いますか。

それは、自分で考えて行動できる人が減ってしまうこと。

全員が同じ方向を向いて、目標に向かっていくというのは非常に重要なことです。

しかし、全員が同じ方向だけ見て突き進んでいくのは、かなり危険なんですよ。

例えば、10人でチームを組んで登山をするとしましょう。

リーダーが「一刻も早く頂上を目指そう!」と旗を上げて、全員が山頂だけを見て突き進んでいたらどうでしょうか?

誰も地図を見ずに目の前の道を進んできたせいで、遭難してしまうかもしれません。

または、食糧不足に陥ってしまうこともあるでしょう。

全員が無事に山頂を目指すためには、リーダー以外の9人がそれぞれの役割を理解して行動する必要があります。

・気候の変化を見て、防寒対策の指示をする人

・地図やコンパスを使って道案内をする人

・ヘビやクマに遭遇しないように周囲を警戒する人

・水を補給できるポイントを探す人

このように、全員が目標を達成できるように、それぞれの役割を与えてコントロールするのがリーダーの仕事と言えるでしょう。

人には得意・不得意がありますし、家庭の事情などもあります。

リーダーが可能な限り部下を理解しようと努力し、その人に合った役割を与えてくれるリーダーが信頼されるんですね。

理由を明確にしてお願いする

部下に役割を与えてくれるリーダーは信頼されます。

しかし、ただお願いするだけでは、「めんどくさいことばっかり押し付けてくる」と不満ばかりが膨らんでいくでしょう。

リーダーが部下に何かをお願いするときには、それ相応の理由が必要です。

理由を提示するというのは、相手の不安を取り除くことにもつながるため、意識的にやっていきましょう。

ここで意識すべきなのは、「なぜあなたなのか?」という理由を明確にすることです。

部下が「誰でも良かった」と感じた瞬間、「めんどくさいし、割に合わない」と思われるのは当然ですよね。

一方で、「自分は頼られている」とか「経験を活かせる」と部下が感じることができれば、自然とやる気も上がっていくはずです。

ビジョンを明確にして感情を動かす

「部下のモチベーションを維持する方法を知りたい」というリーダーは多いと思います。

しかし、モチベーションとは、誰かから管理されて何とかできるものではありません。

例えば、怖い上司からの命令は最初は従うかもしれませんが、慣れてくると抜け道を探そうとする人が現れます。

または、上司が変わった瞬間に誰も言うことを聞かなくなり、チームが崩壊してしまうなど。

このように、誰かに手綱を握られているような状況では、自分の力でやる気なんて出るはずがありません。

「部下のモチベーションが上がらない」という状況から脱出するには、「リーダーがビジョンを明確にすること」が重要です。

ビジョンとは、言い換えるとカーナビのようなものです。

例えば、目的地が決まっていたとして、50年前の地図を見ながら進んでいたらどうでしょうか?

おそらく道路状況も変わっているため、目的地にたどり着けないのではないでしょうか。

一方でカーナビであれば、定期的に道路状況がアップデートされ、渋滞や事故状況に合わせて適切なルートを提案してくれます。

リーダーも同じで、目標に対して明確な理由を示し、必要に応じてアップデートさせていく必要があるんですね。

・どこを目指しているのか?

・なぜそこを目指しているのか?

・どのように目的地を目指していくのか?

このように、ビジョンをはっきりさせることで、部下の感情も揺さぶられてモチベーションも上がっていくでしょう。

まとめ

ここまで、「信頼されるリーダーの共通点」についてお話ししました。

最後にもう一度、内容をまとめますね!

★できるリーダーが大切にしていること

→部下を信頼し、「周りに押し上げてもらったからここまで来れた」という謙虚な気持ち。

 

★信頼されないリーダーが無意識にやってしまうこと

・自分のペースでやらせようとする

・お願いするだけで見返りを提示してくれない

・正論ばかりでビジョンが不透明

 

★信頼されるリーダーの共通点

・相手のペースを見極める

・理由を明確にしてお願いする

・ビジョンを明確にして感情を動かす

リーダーに選ばれたということは、部下の才能や長所を活かして結果を出すことを求められています。

まずは、「自分一人でできること」よりも、「部下ができること」に意識を向けてみましょう!

きっと多くの可能性に気づけるはずですよ!

「何から手をつければいいのか分からない…」という方は、この記事を読んだ感想、気づき、質問をメールするだけでも、頭の中が整理できるようになります。

下のフォームから遠慮なくメールしてくださいね!

お問い合わせフォーム

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

フォローする
こちらの記事もおすすめ!