運動

「運動不足かも?」と思った時に簡単にできる運動をご紹介!

「もしかして運動不足かも?」と思ったことはありませんか?

運動したい気持ちはあっても、まとまった時間が取れないという人も多いと思います。

もし、「運動不足を解消したい!」という目的だけであれば、そんなに時間は必要ありません。

この記事では、「運動不足かも?」と思った時に簡単にできる運動をご紹介します。

普段の姿勢や歩き方を変えるだけなので、ぜひ参考にしてみてください!

運動不足を解消するには日常生活をエクササイズにする

結論から言ってしまうと、運動不足を解消するコツは、日常生活をエクササイズに変えてしまうことです。

人は、新しいことをやるために時間を確保しようとすると長続きしません。

なので、日常生活で行っている動作を大きく、そしてゆっくり(または早く)やることで、負荷を高めていくのがおすすめです。

「そんなカンタンなことでいいの?」と思うかもしれないので、少し説明していきますね!

人は無意識に行動している

あなたは歯を磨くとき、腕の動かし方を意識していますか?

おそらく、何となく歯を磨いているのではないでしょうか。

人は約9割の行動を無意識に行っていると言われています。

例えば、歯を磨くときは腕を水平に保ち、肘を小刻みに5cm動かしながら、1本の歯を10秒ずつ磨く…なんて考えていたら面倒ですよね。

なので、習慣化すれば意識しなくても歯は磨けますし、スマホを見ながらだってできます。

ただ、無意識にできるというのは便利ではありますが、体にとってはデメリットでもあるんですよ。

筋肉のバランスが崩れる

右利きの人は、普段は右手を使って歯を磨くと思います。

でも、右手をケガして左手で歯を磨くことになったら、結構難しいですよね?

手の動きがぎこちなく、歯を磨くだけでストレスになると思います。

しかも、片腕だけで約3kgもあると言われているので、普段やらない動きをやるだけで疲れてくるのではないでしょうか。

歯磨きだけではなく、姿勢にも同じことが言えます。

猫背の人が背筋を伸ばして立っているのは、結構疲れると思います。

意識している時は美しい姿勢になるかもしれませんが、気を抜くと普段の姿勢に戻ってしまいますよね。

こうして、自分にとって楽な姿勢を続けていると、筋肉の強い部分と弱い部分ができてしまいます

すると、見た目も悪くなるばかりか太りやすい体質になっていくんですよ。

運動不足を解消する方法をご紹介!

ここまでお話ししてきたように、無意識でできることを楽な姿勢で続けていると、運動不足に拍車がかかって余計に運動する気持ちがなくなってきます。

なので、無理して運動しようとするのではなく、普段何となくやっていることを意識しながら、ちょっとキツい姿勢でやるだけでも、負荷が上がっていくんですよね。

ここからは、運動不足を解消する方法を紹介していきます。

背筋を伸ばして歩く

背筋を伸ばして歩くというのは、簡単なようで結構難しいです。

なぜなら、自分の姿勢が真っ直ぐかどうかというのは、自分では気づきにくいから。

実は、真っ直ぐだと思っていても、前後左右に曲がっていることって多いんですよ…。

ずっと鏡を持ち運びながら歩くわけにもいかないので、簡単なチェック方法を紹介しますね。

後頭部、肩の後ろ、お尻のちょうど上の骨、かかとの4点を壁につける。

②両足のかかとに均等に体重を乗せる。

③あごを引いて目線を前に向ける。

④そのままの姿勢で、握りこぶし1個分くらい前に出る。

これで真っ直ぐな姿勢の完成しました。

このままの姿勢で歩いてみましょう。

おそらく違和感があるかもしれませんが、しばらく歩いているうちに慣れてきます。

この真っ直ぐな姿勢を意識して歩くことで、普段は使っていなかった筋肉を使えるようになり、体のバランスが整ってくるでしょう。

背筋を伸ばしたまま生活してみる

実は、人間の頭は約8kgもの重さがあると言われています。

パソコンやスマホのせいで首や肩コリがひどいというのは、重い頭を支えるために首や肩の筋肉を使いすぎているから。

体のどこかがこってしまうというのは、筋肉を使いすぎということ。

逆に言うと、使っていない筋肉もあるということなんですよね。

普段よく使う筋肉は長時間のストレスに耐えられますが、あまり使ってない筋肉はちょっとの時間でも疲れてしまいます。

「じゃあ、筋トレすればいいんじゃないの?」と思うかもしれませんが、意識してやらないと使いやすい筋肉を使ってしまいます。

筋トレは回数だけを目標にしてやっても、どこを鍛えるかを意識しなければ意味がありません。

最初のうちは難しいことを考えながらやっても続かないので、まずは自分の姿勢を意識しながら生活してみましょう!

背筋を伸ばしたまま大股で速歩きをする

真っ直ぐな姿勢に慣れてきたら、歩くスピードを上げていくだけで活動量がアップしていきます。

普段は歩くスピードが早い人も、真っ直ぐな姿勢で歩いてみると新鮮な気持ちになるのではないでしょうか?

疲れたらスピードをゆるめるようにして、できるだけ姿勢をキープできるようにしましょう。

新たにウォーキングの時間を作る必要はありません。

通勤時間を活用して、立っている時や歩く時の姿勢を意識するだけで大丈夫です。

もし満員電車がつらいという人は、一駅前で降りて早歩きをするというのもいいかもしれません。

私も会社員をしていた頃は、わざとバスに乗らずに30分くらい速歩きを習慣にしていました。

バスが時間通りに来ないうえ、渋滞に巻き込まれて電車に乗り遅れることが多かったので、「だったら歩いたほうが早いんじゃないか?」と思ったのがきっかけです。

さすがにバスよりは時間がかかりましたが、「早めに家を出ることで時間をコントロールできる」という点では、ものすごくプラスになりましたし、運動不足解消にもつながりました。

まとめ

ここまで、「運動不足かも?」と思った時に簡単にできる運動について紹介してきました。

最後にもう一度、内容をまとめますね!

★運動不足を解消するには日常生活をエクササイズにする

・人は無意識に行動している

→無意識でできることはメリットであっても、体にとってはデメリットだから。

・筋肉のバランスが崩れる

→筋肉の強い部分と弱い部分ができてしまい、運動不足に拍車がかかるから。

 

★運動不足を解消する方法をご紹介!

・背筋を伸ばして歩く

・背筋を伸ばしたまま生活してみる

・背筋を伸ばしたまま大股で速歩きをする

デスクワークが多いと「運動不足かも…」と思うかもしれませんが、通勤している人は意外と運動していることに気づけるはずです。

ただ、何となく電車に乗ってスマホをいじっているだけだと、運動している実感が湧かないですよね…。

なので、普段は意識せずにやっている「歩く」という動作や「姿勢」を意識するだけでも、立派な運動になるんですよ。

地球にいる限り重力がかかっているので、立っているだけでも立派なトレーニングですからね。

大切なことは、どこに意識を向けるか。

「とは言っても、自分のやり方が合っているのか分からない…」という方は、下のフォームから遠慮なくご連絡くださいね!

立つ・歩くというのはとてもシンプルですが、意識してやってみると結構難しい…。

なので、やってみてわからないことがあれば、気軽にメッセージくださいね!

お問い合わせフォーム

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

フォローする
こちらの記事もおすすめ!