運動

ランニングはイライラ解消におすすめ!走ることがメンタルにいい理由

健康維持やダイエット目的で、ランニングをしている人は多いのではないでしょうか?

実は、ランニングは体だけではなく、メンタル面にもメリットがたくさんあります。

メンタル強化はもちろんですが、ランニングをすることで不安やイライラ解消も期待できると言われているんですよ。

この記事では、走ることがメンタルにいい理由をお話しします。

記事を読み終えた頃には、「走りに行きたい!という気持ちになるはずですよ!

走ることがメンタルにいい理由

ランニングを習慣にすると、体型が引き締まる、年齢より若く見えるなどの良い変化が現れます。

これだけでも嬉しいですが、体だけではなくメンタル面にも多くのメリットがあるんですよ。

私もランニングを習慣にしてからは、以下のような変化がありました。

・前向きな発言が多くなった。

・嫌なことがあっても、すぐに気持ちを切り替えられるようになった。

・ピンチでも物事を冷静に見ることができるようになった。

ランニングを習慣にしている人と話をしていると、ポジティブな方が多いような気がします。

これは、「ランニングという苦しいことを乗り越える訓練をしているから」と思うかもしれませんが、走っている最中に体の中でさまざまな変化が起こっているからなんですよ。

満足感が高まる

「ランナーズハイ」という言葉、聞いたことありますか。

ランニングを続けていると、「このままどこまでも走り続けたい!」という気持ちになるのがランナーズハイ。

ランニングが習慣化している人だと、一度は経験があるかもしれません。

ランナーズハイが起こるのは、「エンドルフィン」という脳内物質が出るからだと言われています。

脳内でエンドルフィンが出ると、満足感が高まっていくため、「このままどこまでも走り続けたい!」という気持ちになるんですね。

人生を追体験できる

よく「マラソンは人生と同じ」と言われます。

マラソン大会に出たことがある人は分かると思いますが、どんなに調子が良い日でもフルマラソンを完走できない日もあるんですよ。

なぜか途中でお腹が痛くなったり、膝や足首に痛みが出てきたり。

周りにライバル意識を燃やしすぎて、最初からペースを上げすぎて脱落…なんてこともあります。

これって、人生に似てませんか?

初めてマラソン大会に出た時は、「やめとけばよかったなぁ…」と思いながら走っていましたが、完走したあとは「もう一回走ってみたい!」という不思議な気持ちになりました。

ランニングをしない人には理解できないかもしれませんが、スタートからゴールまで「自分が経験してきたストーリー」があるからなんじゃないかなぁ、と思います。

人とのつながりを実感できる

ランニングは一人で黙々と走るもの、というイメージがあると思います。

たしかにその通りなんですが、いつも走っているランニングコースですれ違う人と会釈したり、挨拶したりすると嬉しくありませんか?

または、「一緒に走った人と一気に距離を縮めることができた」という経験がある人もいるはず。

私もランニングを始めた時は、2~4人で毎日10km近くを走っていました。

会話ができるくらいのスピードで一緒に走ったことで、走っていたメンバーと仲良くなれたのを覚えています。

ペースを合わせる、大変な時に励まし合える、話を聞いてあげるなど、相手を思いやることで「オキシトシン」というホルモンが分泌されます。

脳内でオキシトシンが分泌されると、幸福感が高まると言われているんですね。

なので、健康維持のために黙々と走るのもいいですが、一緒に走る仲間を見つけるとより満足感が上がりますよ!

ランニングはイライラ解消にもおすすめ

ランニングをすると、幸福感が高まって満足感が得られやすいというのは、何となく分かったのではないでしょうか?

ただ、いくらランニングが体にもメンタルにも良いと言っても、無理しすぎるのはよくありません。

そうは言っても、「どのくらいのペースで走ればいいんだろう?」という疑問もあるはずです。

そんな時は、「心地いいペース」を意識してみましょう。

「つらいか?つらくないか?」はあなた自身にしか分かりません。

なので、「ちょっと物足りないくらい」を続けることで、体を壊さずメンタルにいいランニングを続けることができます。

具体的じゃなくて申し訳ないんですが、誰かのアドバイスを信じるのではなく、自分の体や心から出ているサインに気づくというのも、メンタルを整えるという意味では大切なんですよね。

最初は、自分の体や心から出ているサインに気づけないかもしれませんが、続けているうちに不安やイライラにも効いてくるはずです。

動けないことがストレスになっている

人間は動物と言われるくらいなので、動かないというのはストレスになっている可能性が高いです。

これは、仕事が忙しくて自由な時間がないとか、ルールに縛られて身動きが取れないというのも、「動けない」ことにつながるので、ストレスが溜まりますよね…。

なので、細かいことを気にせず自分のペースで走る、好きなコースを走るというのは、不安やイライラ解消につながっていきます。

実際にやってみると分かりますが、ランニングをしているときのペースや選ぶコースによって、自分自身の心境が分かってくるんですよね。

例えば、ペースが早くなってしまう時は、「何かに焦っている状態」だったり、誰もいない静かな場所を走りたい時は「人間関係に疲れている時」だったり。

音楽を聴きながら走っている時は気づきにくいと思いますが、「何でこのコースを走っているんだろう?」とか、「ペースを上げたい理由ってなんだろう?」と考えると、少しずつ答えが見えてくるかもしれません。

まとめ

ここまで、走ることがメンタルにいい理由についてお話ししてきました。

最後にもう一度、内容をまとめますね!

★走ることがメンタルにいい理由

・満足感が高まる

・人生を追体験できる

・人とのつながりを実感できる

 

★ランニングはイライラ解消にもおすすめ

・動けないことがストレスになっている

ランニングは「メンタル強化」のイメージが強いですが、幸福感や満足感も高まっていけるように、無理せず続けましょう!

マラソン大会のタイムを狙っていくと、どうしても満足感から遠のいて体を壊しやすいですからね…。

周囲が頑張っていると「自分も頑張らなきゃ!」とペースアップしがちなので、たまには自分が走りたいように走るのがおすすめですよ!

「とは言っても、自分のやり方が合っているのか分からない…」という方は、下のフォームから遠慮なくご連絡くださいね!

私もランニングで無理をしてケガをしたことがあるので分かりますが、誰かに相談してみると「意外にカンタンな答えだった」ということが多いです。

話すことで整理されることもあると思うので、気軽にメッセージくださいね!

お問い合わせフォーム

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

フォローする
こちらの記事もおすすめ!