働き方

頭が良くなる方法とは?理解力を高めるためにやるべきこと3つ

「頭が良くなる方法ってないの?」と悩んでいませんか?

実はこの記事で紹介するやり方を実践すると、理解力を何倍にも高めることができます。

なぜなら、私は新卒で入社した会社で3年もの間「お前は給料泥棒だ!」「使えないやつ!」「自分で考えて仕事しろ!」と言われ続けていましたが、今回紹介する方法を実践してからは自分の意見を自信を持って発言できるようになったからです。

この記事では、理解力を高めるためにやるべきことを3つお話しします。

記事を読み終えた頃には、「この方法なら自分にもできるかも!」と思えるはずですよ!

頭が良くなる方法はいたってシンプル

「頭が良くなる方法が知りたい」という人は多いと思います。

私も「給料泥棒!」と言われていた社会人3年目までは、頭を良くする方法を求めて、いろんな教材に手を出しました。

しかし、どの教材も効果はなく、どんなに頑張っても「こんなこともできないのか!」と罵倒される毎日に疲れ果てて、やがてうつ状態に…。

とうとう爆発してしまって後悔している時に、違う部署の先輩から声をかけられて拾ってもらいました。

そこから仕事への取り組み方が180度変わっていったのですが、当時の経験から気づいたのは、「頭を良くする方法はいたってシンプルだった」ということです。

仕事を人に教えると頭が良くなる

社会人3年目までの私は、とにかく受け身で仕事をしていました。

上司からの指示を待ち、言われたことしかやらない。

期限通りにできなかったことは言い訳する。

今考えると、「給料泥棒!」と言われても仕方ないですよね…(汗)。

それから部署が変わり、仕事のやり方も180度変化しました。

具体的に何が変わったのかというと、「質問されることが増えた」ということなんです。

質問されるということは、分かりやすく答える必要がありますよね。

こうして人に教える機会が増えたことで、頭の使い方が変わっていきました。

教えることで情報が整理される

私が新たに配属された部署は、電子部品を製造する現場でした。

それまでの3年間は、電子部品を製造する装置を修理したり、水・電気・ガスなどを正常に送るための設備を点検したりする仕事をしていたんです。

いざ現場で働いていると、私を拾ってくれた先輩を始め、現場の作業長、班長、作業している人みんなが、「ここ、いつも問題が起こるんだけど何とかならない?」「あそこはいつも不安定で作業しにくいんだけど改善できない?」と声をかけてくれるようになりました。

そこで部品の交換方法を教えたり、作業のやり方を改善したりすることで、現場のみんなから喜んでもらえるようになったんです。

すると、また質問されて答えてというサイクルを繰り返していくと、3年間上司から言われたまま行っていた作業の意味が、すんなりと理解できるようになりました。

当時は「何か仕事が楽しくなってきたぞ!」くらいにしか思っていませんでしたが、今振り返ると「人に教えるほど理解が深まっていき、感謝されるからより理解して伝えようとする」という好循環が生まれるんですね!

理解力を高めるためにやるべきこと

頭が良いというのは、難しい漢字が書けることでも、何十桁もの数字を暗記できることでもありません。

学校生活であれば穴埋め問題で素早く漢字を書く、時間内で計算するというスキルが求められますが、社会人になると全く別のスキルが求められます。

それは、相手の質問に対して答えを返す能力。

答えが正解か不正解かが重要なのではなく、相手が求めている答えを返せるかが大切なんです。

相手が求めている答えをパッと言えるようになるためには理解力が不可欠。

そこで、ここからは理解力を高めるためにやるべきことを3つ紹介していきます。

①答えが正解かどうかを意識しない

相手の質問に対して、すぐに答えられなくても落ち込む必要はありません。

なぜなら、知らないことを答えることはできないからです。

むしろ、知ったかぶりをして答えてしまうと信頼を失ってしまうので、絶対にやめましょう。

「申し訳ございません。勉強不足で今すぐ答えられないので、一度持ち帰ってもよろしいでしょうか?」と言えば、相手もあなたの真摯な姿勢を買ってくれるはずです。

ただし、一度持ち帰った質問をそのままにして忘れてしまったらダメなので、すぐに調べる癖をつけましょう。

ここで重要なのは、答えが正解かどうかは意識しないということ。

正解かどうかは相手が決めることなので、あなたは調べたことを自分の意見を添えて答えることに専念すれば大丈夫です。

まずは、正解か不正解かは気にせずに、調べたことを整理して伝えるということを意識しましょう!

②情報を仕入れたらすぐに使う

どんなにいい話を聞いても、本を読んでも使わなければ忘れてしまいます。

ドイツの心理学者が提唱した「エビングハウスの忘却曲線」というものがあるので紹介しますね。

「エビングハウスの忘却曲線」では、無意味な音節を記憶しようとした時に、どの程度覚えていられるかを研究したと言われています。

すると、20分後には42%、1時間後には56%、1日経つと67%、1ヶ月後には約80%忘れてしまうという結果が出ているんですね。

1時間で約半分も忘れてしまうって、かなり衝撃的ではないでしょうか?

ただし、この研究は「無意味な音節」で行っているため、日常生活で同じことが言えるかどうかは定かではありません。

しかし、一つ言えることは、目的を持って情報を仕入れれば記憶に定着しやすいということです。

例えば、100円ショップに買い物に行ったとして、30個のアイテムを購入したとしましょう。

果たして、1ヶ月後に何個使っているでしょうか?

おそらく、買った記憶すらもないはずです。

一方で、工作をしようと思って100円ショップに行くのであれば、のり、ハサミ、定規、ペンなど、必要なものだけ買いますよね?

仕事でも同じで、やみくもに本や新聞を読んでも知識として使えません。

「あの時、こんな質問をされたから、次に答えられるように情報収集しよう」と意識することで、知識が記憶へと定着し、すぐに使えるようになるでしょう。

③知識を整理して教える

情報収集する目的を決めるだけでも、どんどん頭が良くなっていきます。

さらに理解を深めたいと思ったら、知識を整理して人に教えるという方法がかなりパワフルなので、ぜひチャレンジしてみてください!

質問に対して答えるというのは、以下のような流れでできますよね。

・質問を受ける

・本やネット、知っている人に聞いて調べる

・質問に合う答えを整理して伝える

一方で、人に教えるというのは、さらに高い整理力、理解力が必要になります。

・話を聞いてほしい人の悩み、課題を聞く

・本やネット、知っている人に聞いて調べる

・情報を整理、理解し、相手が分かるように順序立てて話す

ただ、慣れないうちは上手く伝えられなくても心配ありません。

なぜなら、人に教えているうちに自分の考えが整理されていくからです。

あなたは人に話しているうちに、「私ってこんなこと考えてたんだ」と思った経験はありませんか?

準備運動をすると体が動きやすくなるように、頭も使えば使うほど整理されていくんですね。

「私なんて、まだ人に教えるレベルじゃない」と思わずに、勇気を出して人に教えてみましょう!

まとめ

ここまで、理解力を高めるためにやるべきことを3つ紹介しました。

最後にもう一度、内容をまとめますね!

★頭が良くなる方法はいたってシンプル

・仕事を人に教えると頭が良くなる

・教えることで情報が整理される

 

★理解力を高めるためにやるべきこと

①答えが正解かどうかを意識しない

②情報を仕入れたらすぐに使う

③知識を整理して教える

学校の勉強でもそうですが、最初から難しい問題が解けてしまう人なんていないと思います

おそらく習得のスピードは人それぞれでしょうが、数学であれば基本的な足し算、引き算をやり、九九を覚えてから難しい問題に挑戦していくのがほとんどではないでしょうか?

映画も「印象に残ったシーンは?」と聞かれて場面だけ思い出そうとしても難しいと思いますが、ストーリーで覚えようとするとすんなり入ってくるでしょう。

仕事も同じです。

最初から難しいことをやろうとしても無理なので、一つずつ理解してつなげていくことが重要なんですね。

まずは失敗を恐れずに、本やネット、すでに上手くいっている人から聞いて、自分なりの答えを出してみる。

そして、実際に人に話したり実践したりして理解してから、整理して人に伝えられるようにすること。

このような流れを意識して、練習してみてくださいね!

この記事を読んで実践したことをアウトプットするだけでも、理解力を高めることができます。

なので、この記事を読んだ感想、気づき、質問など、遠慮なく送ってくださいね!

お問い合わせフォーム

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

フォローする
こちらの記事もおすすめ!