メンタル

決断力を上げる方法とは?迷いや不安がなくなる思考法を紹介!

「決断力を上げたい」という悩みはありませんか?

迷わず素早く決断できるようになると、後悔も不安も減らすことができます。

この記事では、「決断力を上げる方法」についてお話しします。

迷いや不安がなくなる思考法も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

なぜ決断できないのか?

「失敗したらどうしよう?」

「もっといい物があるんじゃないか?」

このように、なかなか決断できないことってありませんか?

たくさんある中から一つだけ決める、やるかやらないかを決めるというのは、大きな不安がつきものですよね。

では、「なぜ、決断には大きな不安がつきものなのか?」を考えてみましょう。

リスクや責任が伴うから

何かを決断した時、「本当にこれで良かったんだろうか?」と考えてしまうことはありませんか?

仕事、家探し、結婚など、決断には大きな不安が伴います。

決断を先延ばしにして何となく流れで決めてしまった場合、後悔してしまうことが多いはず。

その理由は、「覚悟を決めずに決断してしまったから」です。

決断にはリスクや責任が伴うので、覚悟がないまま決めてしまうとプレッシャーに押しつぶされてしまうんですよ。

周囲に流されて決めてしまうと自分も苦しいですし、誰も幸せになりません。

納得できていないから

あなたは、決断力とは何だと思いますか?

私は「納得する力」だと考えています。

自分自身が納得できていれば、周りになんと言われても後悔することはありません。

しかし、世間的には正しいと言われていることでも、自分が納得できていないと「失敗した」と感じてしまうはず。

「妥協して決める」という言葉を使うこともあると思いますが、妥協と納得は違います。

妥協とは、両者の意見がぶつかりあった時に、お互いが譲り合って一つの結論を出すこと。

一方で納得は、物事を理解して認めること。

妥協は自分でコントロールできない部分が出てきますが、納得は自分次第で100%受け入れることができるんですよ。

決断力を上げる方法

迷わず決断するためには、不安や後悔をできるだけ取り除けばいいということ。

つまり、決断力を上げるためには、「覚悟を決めて納得する力」を身につける必要があります。

これは一朝一夕にできるものではないので、小さなことから練習していきましょう。

決断力を上げるカンタンな方法は、「やるかやらないかを決めること」です。

イエスかノーで答える

あなたは仕事を頼まれた時、3秒以内にイエスかノーで答えられますか?

「ちょっとスケジュールを確認していいですか?」というのはナシです。

ここで素早く「イエス」か「ノー」と言えるかが、決断力アップのカギ。

なぜ、イエスかノーで答えることが決断力アップにつながるかというと、自分の判断基準が明確になるからです。

スケジュールを確認して返事をするのは当然かも知れませんが、スケジュールを見るという行為が考える時間を作ってしまいます。

決断力を上げるためには「反応スピードをアップさせる」ことが重要なので、やるかやらないかを決めてからスケジュールを調整する練習がおすすめ。

もちろん、スケジュールが詰まっているのに何でも引き受けてしまうのは良くありません。

自分のスケジュールに余裕がある状態であれば、「やるかやらないか?」「やりたいかやりたくないか?」で判断する練習をしてみましょう!

迷いや不安がなくなる思考法

「やるかやらないか?」

「やりたいかやりたくないか?」

このような基準で決める練習をしていくと、決断力が上がっていきます。

実際に私もなかなか決断できないという悩みが合ったのですが、「やりたいかやりたくないか?」で決めるようになってから決断スピードがアップしました。

仕事だけではなく、飲み会の誘いや買い物でも、迷わず「イエス、ノー」を言えるようになっていきます。

ここからは、さらに「迷いや不安がなくなる思考法」について紹介していきます。

周囲に振り回されてしまう、決断を先延ばしにしてしまう人は、参考にしてみてくださいね!

決断した後をイメージする

決断力を上げるには、「覚悟を決めて納得する力」を身につけることが必要とお話ししました。

しかし、「本当に責任が取れるんだろうか?」とか「はたして上手くいくんだろうか?」と悩んでしまい、不安が膨らんでいくことが多いはず。

これは、「できるかできないか?」、または「上手くいくかいかないか?」で判断してしまっていることが原因です。

「さっき、やるかやらないかで決める練習をしろと言ったじゃないか?」と思うかもしれませんが、「やるかやらないか?」と「できるかできないか?」は別問題なんですよ。

大切なことは、「失敗した時にどうするか?」をシミュレーションしておくことです。

例えば、あるイベントのスピーチを頼まれたとします。

引き受けたものの、「自分にこんな大役が務まるんだろうか?」と不安でいっぱい。

考えても仕方ないので覚悟を決めて必死に練習し、台本を見なくてもスラスラ話せるようになりました。

いざ本番を迎えた時、プログラムの順番が変わってしまったとしたら?

緊張で練習したとおり話せなくなるかもしれません。

これを防ぐためには、決断した後のことをできるだけ明確にイメージしておくことです。

不安があることをできるだけ書き出し、一つずつ解決していく。

この作業をやらない限り、一回の失敗のせいで決断力が鈍ってしまうでしょう。

なので、面倒くさいと思うかもしれませんが、決めたことに対して一つずつ不安を書き出していくこと。

そうすれば、決断する時の不安も少なくなり、決断スピードが上がっていきます。

選択したことの良い面を見る

覚悟を決めて決断したものの、「やっぱりあっちにしとけば良かった」と後悔することもあるでしょう。

決断する前に納得できていれば、後悔は少なくなります。

しかし、完全に納得した状態で決断するには時間が必要ですし、ある程度の軸がないと難しい。

なので、時間がかかって決断できないくらいなら、決めたあとにどうするかを変えていきましょう。

具体的にどうすればいいかというと、選択したことの良い面を見るということ。

「隣の芝は青く見える」と言うように、他人と自分の持ち物を比べてしまうと、自分が選んだものに対して後悔の気持ちが出てきます。

他人と自分の持ち物を比べる場合は、以下のように比較対象を変えてみましょう。

✕ 自分の短所と他人の長所

◯ 自分の長所と他人の短所

このように、自分が選択したことの良い面を探すことで、自分の決断に納得できるようになっていきます。

まとめ

ここまで、「決断力を上げる方法」についてお話ししました。

最後にもう一度、内容をまとめますね!

★なぜ決断できないのか?

・リスクや責任が伴うから

・納得できていないから

 

★決断力を上げる方法

・イエスかノーで答える

 

★迷いや不安がなくなる思考法

・決断した後をイメージする

・選択したことの良い面を見る

覚悟を決めて納得する力を身につけると、決断した時の不安を減らすことができます。

まずは、小さなことでもいいので、「イエスかノーを素早く決める」ことから始めてみましょう!

「とは言っても、そんなすぐに決断できない…」という方は、この記事を読んだ感想、気づき、質問をメールするだけでも決断力が身につきます。

なぜなら「メールで質問する」という決断ができたわけですからね!

なので、下のフォームから遠慮なくメールしてくださいね!

お問い合わせフォーム

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

フォローする
こちらの記事もおすすめ!