音声

言うことを聞かない人との付き合い方は?まずは相手に納得してもらうこと

こんにちは!ヤギーです。

第19回目は、「言うことを聞かない人との付き合い方」についてお話ししていきます。

↓(再生ボタンを押すと聞けます)


じっくり読みたい方は、以下も読んでみてくださいね!

なぜ相手は言うことを聞いてくれないのか?

あなたは、何度言っても相手が言うことを聞いてくれないとき、どうしていますか?

「こっちは相手を思って言っているのに行動してくれない」

「やると言ったのにやっていない」

強い口調で言っても、まったく相手は変わってくれない、ということも多いはずです。

まずは、「なぜ相手は言うことを聞いてくれないのか?」について考えてみましょう。

人は納得しないと行動しない

相手が言うことを聞いてくれない理由。

それは、あなたが言ったことに対して相手が納得していないからです。

「返事をしたから理解したんだろうなぁ」と思っても、

実は相手の中では消化しきれないものがあるともいえます。

または、言い訳ばかりして全然聞いてくれないというのも、

相手にも主張があるともいえます。

そう考えると、

相手があなたの話に耳を傾ける準備ができていないと、いつまでも行動してくれないということです。

まずは相手の主張を聞くこと

相手があなたの話に耳を傾ける準備ができて、ようやく話を聞いてくれる。

では、どうすればいいのかと言うと、

まずは「相手の主張を聞く」ということです。

相手が話を聞いてくれないと感じたら、

相手の何がブレーキになっているのかを聞いてみましょう。

例えば、子供が宿題をやらない、

または、後でやると言ったのに結局やらなかったとします。

そこで「何でやらないの!」とか

「遊びに行く前にやりなさい!」と言っても、聞かないと思います。

なので、まずは「何で宿題をやらないのか?」という主張を聞いていくことが重要です。

今やっている勉強が難しくてついていけていないのかもしれませんし、

遊びのほうが楽しすぎて宿題なんてやっている暇がない、

または遊びに夢中になりすぎて純粋に忘れていたということもありえます。

この「言い訳」というのはネガティブなイメージがあると思いますが、

まずは言い訳を聞くことで、

「じゃあどうする?」という会話のスタートラインに立ちやすくなります

なので、言い訳をうまく引き出して有効活用していく、というのがいいと思います。

重要なのは相手が決めて行動すること

言い訳を聞いた上で、相手に納得してもらうことが重要。

ここで一番やってはいけないのが、

相手が言うことを聞いてくれないからと言って、あなたが先回りしてしまうことです。

あくまでも相手が自分で決めて行動すること。

今はあなたの言うことを聞いてくれなかったとしても、

「相手が自分の選択に責任を持ってやっている」ということが、いちばん重要なのではないでしょうか?

今回は「言うことを聞かない人との付き合い方」についてお話ししました。

 

「まずは相手の言い分を聞くのが大事なのはわかったけど、どうやって聞けばいいのかわからない…」、という方は、私ヤギーの問い合わせフォームTwitterのDMLINE@から遠慮なくご相談くださいね(^o^)

あなたのコミュニケーションがより良いものになるように、お手伝いできたら嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

フォローする
こちらの記事もおすすめ!