音声

相手を変えるためにやるべきこととは?ネガティブな関係を壊すことから始めよう

こんにちは!ヤギーです。

第35回目は、「相手を変えるためにやるべきこと」についてお話ししていきます。

↓(再生ボタンを押すと聞けます)


じっくり読みたい方は、以下も読んでみてくださいね!

相手を変えようと思うほど変わらない

あなたは、親やパートナー、友人に対して、

「変わって欲しい」と思ったことはありませんか?

相手の嫌な部分、苦手な部分を何とかしたいと考えて、直接伝えることもあると思います。

しかし、相手は聞く耳を持たず何も変わらない、

またはエスカレートしていくということが多いのではないでしょうか?

自分が変わることであなたへの接し方が変わっていく

あなたも薄々気づいているかもしれませんが、

自分の力で相手を変えることはほぼ不可能です。

しかし、ちょっと考え方を変えれば、相手が変わってくれる可能性が生まれてきます。

「自分を変えれば相手も変わる」

そう聞いたことがあるかもしれませんが、人は何かのきっかけで、

「このままじゃダメだな」と思わない限り変わることができません

つまり、あなた自身が変わっていくことで、

相手が「このままの付き合い方じゃうまくいかない」と気づいた時、

あなたへの接し方が少しずつ変わっていく、といえます。

相手を変えることは関係性を壊すという意味もある

あなた自身が変わることで、あなたの周りから離れていってしまう人もいるかもしれません。

しかし、

「あなたから離れていった」ということは、

少なからず相手は変わったという意味でもあります。

ここで「元の関係に戻って欲しい」と思って昔のあなたに戻るか、

相手のためを思ってこのままのあなたでいるかは人それぞれだと思いますが、

重要なのは、

「相手とどんな関係を作っていきたいか」ということではないでしょうか?

相手を変えるのではなく良い部分を引き出すこと

ここからは、相手に変わってもらうために具体的にどうすればいいのかお話ししていきます。

まずは、相手にきっかけを与えることが重要です。

人は相手の悪い部分に注目してしまいがちですが、その悪い部分というのは相手の中の一部だということに気づきましょう。

今は悪い部分が強調されているかもしれませんが、良い部分も必ずあるはずです。

なので、

「嫌な部分もたまには出てくる」とわかった上で、頭の片隅に置いておく。

そこから、

良い部分が本当のあなた」だとイメージしながら付き合っていく。

こうすることで、何かのきっかけから、

「あの時こう言ってしまったのは悪かったな」と相手が気づいてくれるかもしれません。

ネガティブでつながっている部分を断つこと

ほとんどの人は、相手が迷惑そうにしていれば、

「悪かったな」という気持ちになるはずです。

しかし、悪いとは思っていても責められたり距離を置かれたりすると、今までよりも強引な手段に出るしかなくなってしまう。

結果的に、より嫌な部分が強調されるという悪循環になります。

まずは、相手の嫌な部分はあってしょうがない。

「良いところが本当のあなたなんだ」と考えて接することで、相手に気づくきっかけを与えてみてはいかがでしょうか?

今回は「相手を変えるためにやるべきこと」についてお話ししました。

 

「自分が変われば相手の付き合い方も変わっていくというのはわかった。でも相手の悪い面ばかり見えて嫌になってしまう…」という方は、私ヤギーの問い合わせフォームTwitterのDMLINE@から遠慮なくご相談くださいね(^o^)

あなたのコミュニケーションがより良いものになるように、お手伝いできたら嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

フォローする
こちらの記事もおすすめ!