音声

会話のネタに困ったときの解決法!相手の頭にある話題を探してみよう

こんにちは!ヤギーです。

第36回目は、「会話のネタに困ったときの解決法」についてお話ししていきます。

↓(再生ボタンを押すと聞けます)


じっくり読みたい方は、以下も読んでみてくださいね!

会話のネタに困ることは誰しもある

あなたは、

「会話のネタが見つからずに焦ってしまう」ということはありませんか?

話題を振ってみても、

「相手の反応がイマイチで会話が途切れてしまう」ということもあると思います。

私も昔は会話のネタに困って、相手に失礼なことを聞いてしまったこともありました。

このように、

「相手と何を話せばいいんだろう?」と悩んでしまうのは、よくあると思います。

会話のネタが尽きる理由

まずは、相手と共通の話題を探す時に意識したほうがいいことがあります。

それは、

「自分が話そうとしているネタと、相手が話したい話題は必ずしも一致しない」ということです。

これは、レストランに行った時を想像するとわかりやすいと思いますが、

あなたがハンバーグを頼んだのに、

シェフが「焼き魚のほうがおいしいから!」と言って出してきたら、いい気分はしないはずです。

そう考えると会話も同じで、

まずは「相手が興味のある話題を知る」

または「相手の興味関心に対してネタを振ってあげる」ということが大切です。

相手の話したいネタを話すこと

では、具体的にどうすればいいかというと、

相手に近い話題を振ってあげることです。

相手の興味があること、趣味はもちろんですが、

初対面でわからない時は、身につけているもの、仕事のこと、出身地のことなど、

周りから少しずつ興味のあるところを確かめていくつもりで聞いてみましょう。

あとは、

相手が歩んできた歴史を聞く、というのも会話が盛り上がりやすいのでおすすめです。

とは言っても、

いきなり踏み込んだ話をするのは勇気がいると思うので、

まずは「あなたが興味のあることを知りたい」という気持ちで、会話を進めてみてはいかがでしょうか?

今回は「会話のネタに困ったときの解決法」についてお話ししました。

 

「相手が興味のある話題を見つければいいというのはわかった。でも相手がなかなか口を開いてくれない…」という方は、私ヤギーの問い合わせフォームTwitterのDMLINE@から遠慮なくご相談くださいね(^o^)

あなたのコミュニケーションがより良いものになるように、お手伝いできたら嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

フォローする
こちらの記事もおすすめ!